大村博士発見のイベルメクチンにコロナパンデミックを終息させる可能性

✇ 確認日:令和3年6月30日 市内114例目• ユタ大学の論文は情報提供会社のミスで取り下げられ、そのせいで効果を疑問視する向きもありました。 しかし、今回、注目を集めている英国型は、その割合を一気に飛び越えて変異し、感染力が強くなった。

6

ノーベル賞の大村氏「治療薬迅速に」 感染状況に危機感 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

😈 ここ1、2年ぐらいで流行が下火になれば、インフルエンザのように毎年冬場になると出てくる感染症の一つになるのではないか。

6

権力誇示のため「イベルメクチン」をコロナ薬として承認せぬ厚労省のカン違い

🌏 しかし、これだけ感染が広がれば、いろいろな変異型が出てくる可能性は十分ある。

4

大村博士発見のイベルメクチンにコロナパンデミックを終息させる可能性

☺ この手の話は陰謀論としてオカルト扱いされ、世間一般ではフェイクニュースにされがちだ。

18

大村智教授の経歴やプロフィールは?感染症研究でノーベル賞受賞!

🌏 例のごとく、厚生労働省がなかなかこのイベルメクチンを新型コロナ治療薬として 承認しようとしないのです。 第2波が来ても、下げ止まりしたままでした。

6

大村市/長崎県内の新型コロナウイルス感染症患者の発生について(7月13日現在)

💕 米国ウエスレーヤン大学客員教授を経て、50年北里大学薬学部教授。 行動歴: 6月21・22日:自宅など 6月23日:発熱、鼻汁、頭痛、全身倦怠感、関節痛、悪寒出現 6月24日:症状改善 6月25~27日:県外へ移動 6月28日:自宅 6月29日:濃厚接触者として検査実施 6月30日:陽性判明• 昨年12月以降、国内でも計81人報告があり(8日時点、厚生労働省調べ)、市中感染の広がりも懸念されている。

7

大村智による特集記事 この苦難をどう乗り越えるか|致知出版社

😇 3年前日常的にイベルを服用しました、ヒゼンダニの知人にも服用しました。 免疫が極端に弱まり、ウイルスを自分で排除できない患者さんには、一度感染した人の血液からつくった血液製剤を使用する。 これらの細菌が出す化合物が後に 「 エバーメクチン」と名付けられ、 熱帯の寄生虫が原因で起きるオンコセルカ症の治療薬 「 イベルメクチン」 となります。

15