JAL123便事件 その1

🎇 普段はビジネスマンで埋められている座席が、お盆の帰省ラッシュと重なったこの日は一般客も多かったようで、その中には家族で搭乗していた乗客や、一人旅などをしている子供も乗っていたようです。 当時 国際線はJALのみです。 現場には夥しい数の黒焦げの遺体や残骸が散乱していた。

19

123便の高濱機長は本当に間違ったことをしたのでしょうか?

🌭 いわば飛行経路のショートカットだ。

12

あれから31年。JAL123便機長が守り続けた“大切なモノ”を忘れない(河合薫)

🖕 総着陸回数18835回。 さらに日本航空123便墜落事故に対して中曽根康弘の暗に陰謀論を感じさせるような 「真相は墓場まで持っていく」という発言もそれを助長しています。 ミサイルAIM4 【最終決着 日本航空123便墜落事故の真相】ボイスレコーダーに残された記録で、海上自衛隊出身の機長らが「オレンジエア」と続けて交信している。

日航機墜落:翌日に凄惨な現場に 今も思う「大切な安全」

🤛 17秒頃にはわずかに機首を上げて上昇し始めたが、56分23秒に右と機体後部が尾根の樹木 と接触し、衝撃で第4エンジンが脱落した。

6

ネットで語り継がれる機長の言葉、事故の記憶

😛 09秒後でAPU防火壁が壊れ始め、垂直尾翼が壊れ始めるのはその0. 帰投準備中の21時20分、最初の日本の飛行機が現れた。 ジェット旅客機は通常、数千m~1万mの高空を飛ぶ。 「危ない!衝突する!」 それとほぼ同時に、座席中央部分の最後部から5番目に座っていた小川哲氏(当時41歳)も、その飛行物体に気がつき、それをカメラに収めているのです。

20

日航機墜落:翌日に凄惨な現場に 今も思う「大切な安全」

🤝 横田管制よりから〔〕のヘリ が向かっていると聞き、20時50分までにヘリのライトを視認できた。

1