不具合相次ぐCOCOA、開発費9割超で3社に再委託 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

⌚ 厚生労働省が配信を開始した新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」の画面(記者撮影) 6月19日に厚生労働省が配信を開始した新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」。 しかし、アプリに不具合は付き物でもある。 そのために、何らかのインセンティブを与える必要があります。

17

COCOA(ココア)アプリが不具合で開発元会社(業者)はどこ?|情報屋ピッピ通信

❤ [画像のクリックで拡大表示] 厚労省がCOCOAの開発を発注した2020年5月当時、HER-SYSプロジェクトのために元請けベンダーとなったパーソルP&Tにとって降って湧いた接触確認アプリの開発は単独で請け負えるものではなかった。 接触情報は記録時に個人が特定できない状態になるように暗号化され、一旦記録された情報は14日間保存された後に自動的に破棄される。 開発チームは改修の際、アップルの指示に従ってパラメーターを変更した。

16

不具合相次ぐCOCOA、開発費9割超で3社に再委託 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

♥ アプリバージョン1. 着任から5日経って 3月11日付けで着任したばかりですが、顔合わせを兼ねた打ち合わせをしたり、求めに応じて技術的な見解を述べたり、さっそく仕事を始めています。 今後はCOCOAの普及率が6割超えることが課題ではないかと感じています。 オープンソースとは? ソフトウェアのソースコードを無償で公開すること。

9

COCOA不具合放置の遠因か、開発ベンダー選定で繰り返された「丸投げ」の実態

😙 COVID-19Radarのプロジェクトとは別にオープンソースで接触確認アプリの開発を進めていた、一般社団法人コード・フォー・ジャパンの関治之代表は、「アプリの不具合に対してCOVID-19Radarのチームを責めるのは筋違い」とTwitterで指摘する。

20

新型コロナウイルス接触確認アプリ

💅 G-MIS• 陽性者がアプリへの情報登録を行えない• 市民エンジニアたちがGitHub上でCOVID-19Radarに対し、問題報告(Issue)や修正コードの提案(Pull Request)を次々に。

4

政府が五輪の外国人観客向けアプリを開発中。開発費用等は総額73億円

😔 まったく関係がないわけではありませんが、COCOAの開発にマイクロソフト社が加わっていないとのことでした。 COCOAの評判については、アプリの必要性を感じつつも政府の信用のなさにダウンロードしないといった声もありました。 なお、や などのは、への配慮を理由に使用していない。

20

接触確認アプリ「COCOA」まるで役に立たない訳

⚠ 利用者から「通知が届かない」などとする指摘が出ていたにもかかわらず、が不具合を発表したのは今年2月3日と遅れた。 COCOAに関してリモートでの執務体制は整っていて、これまでのところ、ウェブブラウザーだけでコミュニケーションが完結しているので安心しています。 2020年6月24日閲覧。

10

「COCOA」開発者を「メンタル破綻」に追い込んだ安倍政権に批判の声

🤑 廣瀬は「(あくまでもCOVID-19 Radar JapanはCOCOA開発とは直接関係がないため)私たち1円も貰ってない 」としていたが、一方で「納期 」「(COCOAアプリのApp)ストア提出 」「(COCOAアプリの)テストフライト 」やCOCOAのプッシュ通知画面のテスト画面をツイート などといったCOCOAアプリ開発にそのものに携わっていたかのような発言をしている。 省かれていた「実機テスト」 実はCOCOAの不具合が放置されたのは今回が初めてではない。

4

コロナ接触アプリCOCOAは何の略?受注や開発した会社パーソルプロセス&テクノロジーとは?

👈 次ページでログインまたはお申し込みください。 アプリバージョン1. 基本的に外資系企業ですし、アプリを出すということはありません。

5