「岐阜新聞」は30年前の記事でズバリ!? コロナ「予言の書」が続々登場の怪|ニフティニュース

👍 岐阜県内でも新型コロナウイルスのワクチン接種が進んでいますが、接種を受けるかどうか迷っています。 記事は共同通信社の配信とみられ、世界保健機関(WHO)が地球温暖化の健康被害を予測する報告書をまとめたというもの。 19年11月以降に徐々に広まり始める」と投稿していたとされ、台湾では32年前に出版された短編小説集『海天龍戦』が、現在のコロナ禍を「予言」したものだとして注目されている。

朝日新聞デジタル:30年前の見出し コロナを予言!?

😝 県内の死者は計181人、陽性判明は計9109人となった。 河野太郎行政改革担当相は「国民は打つ、打たないの選択をできる」としています。

5

「岐阜新聞」は30年前の記事でズバリ!? コロナ「予言の書」が続々登場の怪|ニフティニュース

🤘 さらに、オゾン層破壊で人間の免疫力を低下させる可能性があることを初めて指摘したという。

6

「岐阜新聞」は30年前の記事でズバリ!? コロナ「予言の書」が続々登場の怪 (2020年8月4日)

💖 岐阜県と岐阜市は6月15日、新型コロナウイルスに感染していた70代女性の死亡と、14人の感染を確認したと発表した。 」そんな見出しが躍る30年前の岐阜新聞が同紙のWEBサイトに掲載されたのは7月27日のこと。

3

岐阜県で14人コロナ感染、1人死亡 6月15日発表

✋ だが、前出のジャーナリストによれば、 「ノストラダムスは1999年7月と具体的な発生月を断言していますが、大半の予言にはそれがない。 中国・四国• 改正により、国民には新型コロナワクチンの接種を受ける「努力義務」が課されました。

12

岐阜県で14人コロナ感染、1人死亡 6月15日発表

😜 記事は共同通信社の配信とみられ、世界保健機関(WHO)が地球温暖化の健康被害を予測する報告書をまとめたというもの。 その直後も、発令を告げる目立つ黄色の広告を制作し、紙面をくるんで届けたといいます。

11

岐阜県で14人コロナ感染、1人死亡 6月15日発表

🚒 「説得力ある大胆な予測」という見出しで解説記事も添えられている。 やはり、予言は話半分。 新型コロナの感染者数は現在約2300万人で、世界人口の半数には及ばない。