日産・スカイライン2000ターボRS…日本生まれのターボ車特集

🤑 同時に、パワーステアリングや、パワーウィンドウ、カセットオーディオを標準装備した豪華仕様のターボRS・Xが登場。 エアコン• あのスカG・Rは現代的な「超スーパー・スカイライン」として蘇ったのである。

11

昭和生まれのとんでもないクルマ!名車DR30型スカイラインRSの全て!!

👈 真っ赤なヘッドカバーとサージタンクは再結晶塗装され、FJ20型エンジンの存在感を引き立たせている。 車種の特徴 「スカイライン」は、富士精密工業から1957年にリリースされたクルマです。 「鉄仮面」の愛称で呼ばれるこのデザインを担当したのが西泉秀俊氏だ。

9

「史上最強」なのに、GT

💋 革シート• 代表の池谷祐一さんいわく「パーツはかなり手に入りづらくなった」という。 私はシルエットの実車を観た事が無いので、 ナマで観られたのは羨ましい限りです。 そして、55kgmの強力なトルクが凄い。

2

4バルブDOHC+ターボの猛々しい走りで「史上最強」と言われたDR30|1983年式 日産 スカイライン ハードトップ 2000 ターボ RS

🤩 なお、RS-XターボCでは、前述のハイタッチモケット仕様の内装が選択可能となった。

6

「あの頃、僕たちはシルエットフォーミュラの虜だった」走り屋たちを魅了したTOMICAスカイラインRSターボの勇姿【Play Back The OPTION】

😝 さらにその1年後の1984年2月にはRSターボに空冷式インタークーラーを装着して、205ps/25. エアサスペンション• その櫻井氏は残念ながら2011年1月17日にこの世を去ってしまったが、R30の生誕30周年は誰よりも喜んでいただろう。 ちなみにH20型自体はフォークリフト用など、様々な仕様変更を受けながら最終的に2003年まで生産されました。

2

「あの頃、僕たちはシルエットフォーミュラの虜だった」走り屋たちを魅了したTOMICAスカイラインRSターボの勇姿【Play Back The OPTION】

✍ ミュージックプレイヤー接続可• 【1983年式 日産 スカイライン ハードトップ 2000 ターボ RS-X Vol. 1983年10月には、豪華な仕様とATを採用したRS・Xもデビューする。