連載●今日の処方と明日の医学/medicina48/4

👣 また広告が虚偽、誇大とならないようするための、厚生労働省の通知「医薬品等適正広告基準について」によって、承認された効果・効能の範囲を超えないようにするなどの基準が定められている。

20

医薬品の適応外使用

☎ 平成23年3月15日 51 原則として、「カルバマゼピン」を「抗痙攣薬の神経因性疼痛、各種神経原性疼痛、がん性疼痛」に対し処方した場合、当該使用事例を審査上認める。 参考文献:今日の治療薬(南江堂)、添付文書の読み方(じほう社). 平成23年3月15日 63 原則として、「ファモチジン」を「胃食道逆流現象」に対し処方した場合、当該使用事例を審査上認める。

11

医薬品の適応外使用の問題点と課題

😋 適応外使用:法的状況 それはすべての医者にあります 基本的に許可されていますそれぞれの承認外の薬を処方すること。

19

caphosol.com

😎 平成23年3月15日 200番台 個々の器官系医薬品の審査情報提供事例を以下より一括ダウンロードできます。 医師は、たとえば、承認された薬で病気を適切に治療できないが、承認されていない薬がここで有効性を示している場合に、この適応外使用を使用します。

11

医薬品の適応外使用に係る保険診療上の取扱いについて!

💙 脳梗塞再発抑制効果を検 討する試験において、 長期にわたりPRP(pressurerate product)を有意に上昇させる作用が認められた。 平成30年11月9日 273 原則として、「チオ硫酸ナトリウム水和物【注射薬】」を「シスプラチン動脈注射時における副作用軽減目的」で処方した場合、当該使用事例を審査上認める。

連載●今日の処方と明日の医学/medicina48/4

🌭 適応外の広告は禁じられている。 1999年にはいわゆる「公知申請」の仕組みができ、その医薬品の有効性や安全性が公的に知られていると判断できる場合 公知 には、臨床試験の一部もしくは全部を行わずに専門医学論文などを基に医薬品として承認することが可能となりました。 そのため、2014年以前に質問のような状況になったのでしょう。

20

医薬品の適応外使用に係る保険診療上の取扱いについて!

🐲 平成24年4月5日 238 原則として、「クエチアピンフマル酸塩【内服薬】」を「パーキンソン病に伴う幻覚、妄想、せん妄等の精神病症状」に対して処方した場合、当該使用事例を審査上認める。 平成23年10月12日 226 原則として、「dークロルフェニラミンマレイン酸塩・ベタメタゾン配合【内服薬】」を「好酸球性副鼻腔炎」に対して処方した場合、当該使用事例を審査上認める。 平成27年2月25日 299 原則として、「ジクロフェナクナトリウム【内服薬】」を「尿管結石」に対し処方した場合、当該使用事例を審査上認める。

5

適応外使用

😔 また、たとえば子供が成人用医薬品で治療される場合など、適応外使用では正しい投与量を推定するのは必ずしも簡単ではありません。

15